本文へ移動

児童福祉分野

小規模化で家庭的な養護
児童福祉分野
昭徳会の児童養護施設は基幹施設としては3施設ありますが、地域小規模児童養護施設や自立援助ホームなども含めると数多くの児童関係施設を運営しています。
近年、児童養護施設は家庭的な養護が求められる中、施設の小規模化を進めています。また、この分野では里親制度への委託なども推進されています。

愛着形成の不全や被虐待体験、発達障がいなど、さまざまな問題をかかえる子どもたちに対して適切な援助・支援をしていくことがわたしたちの仕事です。時には子どもたちと衝突したり、関係性を築くことができず悩んだりすることもあります。子どもたちの心の傷はとても深く、信頼関係を築くには多くの努力が必要です。一緒に笑い、一緒に泣いて、子どもたちと一緒に成長する。そんな関わりが大切な仕事です。

職員が答えるQ&A

児童養護施設 駒方寮職員
児童養護施設 駒方寮 平成30年入職
【児童指導員】前田 七未(名古屋学芸大学卒)

Q.昭徳会を選んだ決め手は何ですか?
A.児童の“幸福”に向けて、児童一人ひとりに向き合っていく姿勢に魅力を感じたことが決め手です。同じ目線で向き合うことを忘れず、向上心を持って接することが大切だと思っています。また、入職前からボランティアとして施設に関わっていたのですが、その時から職場の雰囲気がよく、ここで頑張りたいと思いました。

Q.この仕事のやりがい、苦労は?
A.児童の求めることに気付き、思いや気持ちを汲み取る難しさにやりがいと共に苦労を感じますが、児童の気持ちを理解できた時、頼りにしてもらえた瞬間、安心できる場所として選んでもらえた瞬間、そして何より大好きな子どもたちから「ありがとう」といってもらえた時には大いに喜びを感じ、やりがいをより一層感じます。
2021年1月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
社会福祉法人昭徳会
〒466-0832
愛知県名古屋市昭和区駒方町4-10
TEL.052-831-5171
FAX.052-835-5272
TOPへ戻る